千葉クリシュナムルティの会   資料室




  

三次元からの真の解放

この空は精神の内側にあるといいました。 

それには原因も結果もありません。

それは思考、あるいは心理的時間の運動ではありません。 
それは物質的な反応の運動ではではありません。

そのいずれでもないのです。

では精神はそのようないかなる運動もないあのとてつもない

静謐な状態にいることができるのでしょうか。                                           
精神がすっかり静謐であるときその状態から

 ある種の運動がでてくるのです。 

          ( 「時間の終焉」より)

資料室


  故高橋重敏氏(青山クリシュナムルティセンター)の資料の数々を受け継ぎ展示しています         


       邦訳著書   講話ビデオ    写真集   着用した衣装
       英文原書    カセットテープ  その他

      



資料室はクリシュナムルティの教えを伝えてゆく場です。

クリシュナムルティの教え・資料に関する問い合わせは随時受け付けています。
 
      (遠方からお越しの場合は、宿泊も可能です)

問い合わせ先
    080 5083 8669  関口
 
        

]              ひむろぎ庵 だより

                    1 内側が開く 

幻想から目覚め、真実在の領域が開いたとき、この世が明らかに分離している領域であることがはっきりとみえる。覚醒するということは内側が開く、開花することである。
この教えの実践はこの領域の開花にほかならない。
それはこの世の条件付けを手放すことから始まる。手放すごとに次の気付きが生じ比較、批判、判断、依存、羨望、恐怖、怒り 等等から解放されてゆく。
     

                           

                    2 相対から絶対へ 

相対という分離のある領域から分離のない絶対領域へはいるということである。
比較・計量のない豊かな無、空の次元である。
無限・永遠の次元にはいる。
     

                  3  そして光へ

                     手放せば手放すほど闇から解放される。
                      思考が生ぜず脳が空っぽになるということは、
                      光が指す、闇を一掃する、光を感受する、光の
                      の内側に入るという事、である。
                      光への感受性が鋭くなる。
                      この実体感こそ、まさに 平安 喜び 美 愛
                      に包まれる領域といえよう。

   

                       分離の闇からの解放である。

                          根源の光 アルシオーネ のエネルギーといえよう。

inserted by FC2 system